教育研修制度

阪本 良/2000年入社/製造部/改善会議/知恵を結集し、競争力の高い強い現場をつくる。

生産効率を上げ、より高い品質の製品をつくるためにはどうすればよいか---ソエジマでは、常にそう考え、月1回、各部署の中堅社員8名が集まり「改善会議」を開いています。ここでは、各現場の現状の問題点をどんどんあげていき、みんなで改善策を練り上げ、必要であれば経営コンサルタントの方にアドバイスをいただいています。この研修を受けるようになってからは「本当にこれで満足してよいのか?」と一層厳しい目で自分の仕事を見るようになりましたね。
いま、重点的に取り組んでいるのは「コスト削減」。専門性の高い技術者が活発に知恵を出し合う会議は、とても刺激的です。そこから新たな技術が生まれることもあります。そして即、P(Plan:計画)→D(Do:実行)→C(Check:評価)→A(Action:行動)。どんな小さな問題点も見逃さず、ひとつひとつ問題点を解決し、改善する努力を積み重ねることで、工場全体の精度を上げていく…それが結果として生産性やコストという数字にあらわれることに手応えを感じますね。
日々の作業を問題意識をもってすること、メンバーを巻き込んで実行していくこと。仕事がますます面白くなりました。